風水的にシュガーバインを解説

シュガーバインは、風水的には、イイのかな?

シュガーバイン 風水的にどう? 
というのは、気になるところですが、
ちいさいサイズの観葉植物としては
適していると言えます。

 

 

別名はパセノシッサス シュガーバイン、
パルテノキッスス シュガーバイン、花言葉は「健やか」です。
乾燥や耐陰性は、普通に持っています。
耐寒性もあります。 

 

 

 

シュガーバイン 風水的にどう? 
ということですが、ちょこんと
お部屋に飾ることができるので、便利です。
インテリアグリーンとしては、とても良いでしょう。

 

 

小さな手のひらのように、5枚の葉っぱを広げた、
愛らしい姿をしています。
育てやすいのも良いところです。
この名前の由来は、葉の裏に白くて甘い樹液がつくことから言われています。
5〜6月は、つるがどんどん長くなります。
形を整えるために、カットしてもいいでしょう。

 

 

 

カットしたつるは、水につけておくと、
新しい根や新芽を出したりすることもあります。
楽しみが広がりますね。 

 

 

 

運気を上げるために観葉植物は
高い力を発揮してくれます。
この植物でもいいのですが、
ほかにも運気を上げるのに役立つ
観葉植物があるのでご紹介します。
置いただけで運気が上がったとしても、
行動しなければ良い結果は出ません。
なので、運気を上げたら、
現実を変えるべく行動することが大切です。 

 

 

 

モンステラ・デリシオーサは、
金運アップに良いと言われています。
南向きに置くと、金運が上がります。
パキラは仕事運を上げると言われています。
パキラは財をもたらす「発財樹」としても重宝されています。


 

>>トップページに戻る